温泉に行こう

温泉広場

温泉に行こう

日本人が大好きな場所と言えば温泉ではないでしょうか。
旅行先としてもとても人気があります。
日本各地で温泉はありますが、皆さんどこに行かれる方が多いのか、どこが人気なのか気になりませんか。
そこで調べてみました。

某大手旅行サイトの集計結果によると第一位となったのは神奈川県にある箱根です。
こちらは小田急ロマンスカーを使えば都心からのアクセスも良好です。
車を持っていない都心在住者にとっても非常に行きやすい場所です。
週末を利用していらっしゃる方も多いのです。

次にランクインしたのが群馬県にある草津です。
こちらは街全体が硫黄の香りに包まれています。
有名な湯畑が町の中心にあり観光スポットとしても有名ですよね。
都心からはそれほど遠くはありませんが、公共の交通手段ならバスが便利かもしれません。

大分九州にある湯布院も人気の温泉です。
泉質の良さとそしてお風呂と景色との絶景が楽しめるということで旅行先としても人気が高いのです。

身体にじんわり効く!温泉の効能

昔から温泉は身体に良いとされ、日本人に親しまれている存在ですが、もともとの薬理的な効果などに加えて、様々な要素が組み合わされて効能として発揮されているのをご存知でしょうか。温かい湯に浸かることによって血行が促進されて、身体の中に多くの良い影響が生じます。体温が上がることで血管が広がって、新陳代謝が促されて、体内に溜まった不要物が排出されやすくなる効果があります。
例えば、疲労物質の乳酸も排泄されるので、疲労回復することにも役立ちます。湯の温度がぬるめの温泉に浸かると、自律神経の副交感神経が優位になるので、リラックス効果によって気持ちが鎮まり、気分も穏やかに落ち着いてきます。
一方、熱めの湯に浸かると、自律神経の交感神経が優位になるので、すっきりと目が覚める効果が期待できます。
また、温泉に入ると、人間の体の表面に静水圧がかかるので、内臓が刺激を受けて内臓運動が促され、天然のマッサージ効果が得られます。特に脚の部分に流れる血液は、心臓まで比較的上がりにくいとされていますが、入浴することで心臓へ向かって血液を押し上げてくれます。
結果的に、下肢部分の静脈の血流が良くなるので、血液循環やリンパの流れも活性化されるのです。ただし、全身浴を行うと、水圧が心臓にかかるので負担が多くなりがちですが、半身浴であったり足浴をすることで静水圧が減って、心臓にかかる負担を減少することができます。体がしっかりと温まり、心身共にリラックスできます。

pickup

“低価格なのに高品質”のカスタム電源。電源開発に特化した工場設備・体制で“低価格なのに高品質”を実現!

カスタム電源専門メーカー

ノニを販売して15年のノニ家族がオススメする自慢のオーガニックノニジュースや、モリンガを販売しております。

有機栽培ノニの販売

オーストラリアをはじめニュージーランドやカナダでのワーキングホリデー留学ならジョイネットへ

ワーキングホリデーでカナダに行こう!

おしゃれでかわいい韓国子供服の専門店です。

女の子に人気の韓国子供服専門店

コスプレー衣装の通販専門店舗:コスプレ屋

コスプレ衣装の通販サイト

Last update:2015/3/2